活動の歴史

沿革

平成7年    阪神淡路大震災(兵庫県南部大地震)を機に設立

平成13年    特定非営利活動団体(NPO)として内閣府より認証

平成17年    和歌山県支部設立、臼井康浩支部長就任

平成23年    台風12号(紀伊半島豪雨)災害でボランティア活動に参加

   10月17日 「守ろう、わかやま!!」実行委員会の事務局を担当し、
          防災イベント「今、和歌山に地震が!!」を開催


   12月20日 静岡県から和歌山県に本部移設
          新理事長に臼井康浩就任

平成24年
   1月17日 防災イベント「1.17阪神淡路大震災からの教訓」を開催

   9月12日 防災イベント「防災まちづくり」防災活動発表会&防災「地産地消」展を
          開催(公益財団法人JR西日本あんしん社会財団助成事業)

平成25年
   1月17日 防災イベント「1.17阪神淡路大震災からの教訓」を県主催として開催

6月5日~7日、NHK和歌山放送局「挑戦!NHK防災サバイバル」解説者として参加